薬剤師バイトの豆知識~調剤薬局のオーナーになる方法~

薬剤師バイト:将来の目標は調剤薬局のオーナー

薬剤師の勤め先と言えば、病院の薬局、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などなど。そうしたものをイメージする人が多いと思います。自分自身の適正や将来のプランに沿って選んでいることが多いでしょう。
パート薬剤師の仕事探しは非公開求人が決め手!

薬剤師の多くがどれかに“勤務”していると思いますが、それらは「組織に自分の身を置く」形です。その中で自分の個性をどれだけ発揮できるかがやりがいにもつながりますが、やはり組織の中では限界があります。

自分の個性を最大限に発揮するには、やはり自分が社長になるのが一番です。薬剤師であれば、調剤薬局のオーナーが社長への一番の近道と言えます。とはいえ、調剤薬局のオーナーになるのは簡単というわけではありません。

当然初期投資は必要になりますし、経営能力、地域性の把握なども必要でしょう。特に都市部ではすでに調剤薬局は飽和状態になりつつあります。そうしたところで出店しても厳しいですし、大手チェーンの近くなどでは勝負にならないかもしれません。

まずは調剤薬局が不足しているところの調査や、人口動態の把握などが必要になります。また調剤薬局であれば、処方箋を発行する医師との連携も欠かせません。

門前調剤として出店できれば確実にある程度の処方箋が確保できますし、使用薬剤についても予想が立てられます。医師との関わりが持てる集まりに積極的に顔を出したり、信頼を得ておくことが大切です。

プランとしてはまずは3年くらいは調剤薬局に勤めて、調剤薬局の仕事や経営をしっかりと学ぶことです。医師や薬剤師とのパイプをもてるような活動をしつつ、調剤薬局をはじめとした医療関連の経営コンサルタントを行っているようなところにも相談してみましょう。

医薬品の卸会社や製薬会社、そのグループや系列会社でコンサルタントを引き受けてくれるところもあります。薬剤師の転職コンサルタントに相談してみるのもひとつの手かもしれません。

大変なことが多いとは思いますが、調剤薬局オーナーは薬剤師として個性を最大限に発揮できるやりがいのある働き方と言えるのではないでしょうか。

薬剤師の勤め先:製薬会社

薬剤師の勤め先には、製薬会社があります。といっても、研究職や医薬品情報を取り扱うDI室などでない限り、薬剤師の資格が必須とは限りません。特に製薬会社の営業職であるMRは、薬剤師の資格は必要ないのです。

ただ、薬剤師の資格を持つことでMR認定試験を受ける際に一部試験が免除になったり、資格手当として毎月の給料にプラスされる場合があるという利点があります。

調剤薬局に勤める際の薬剤師資格手当に比べれば微々たるものですが、それでも毎月もらえるのともらえないのは大きな違いがあるので、やはり薬剤師には有利な仕事といえるでしょう。手当をつける企業とそうでない企業があるので、手当を期待するのであれば事前に調べておかなければなりません。

薬剤師手当よりもはるかに大きな割合を占めるのが、営業手当です。これは実績にもよります。内勤として勤務するよりも多い収入が見込めるでしょう。ちなみに給料に関してですが、入社時はあくまでも一般企業なので、調剤薬局勤務の薬剤師よりは少ないことが多いです。

調剤薬局勤務の場合、新卒でも年収400万円を超えることは少なくありません。しかし製薬会社の魅力は給料の“伸び率”です。上場企業では特に顕著なものがあり、営業成績にもよりますが40代で年収1,000万円を超えられるチャンスがあります。

当然営業職ですから、ノルマや得意先との交渉など大変なことも多いです。転勤も多いので、家族が増えれば単身赴任をしなければならないこともあるでしょう。そうしたことを考慮しても魅力的な給料であることは間違いありません。

調剤技術や経験は得られませんが、製薬会社でのMRを経て調剤薬局に勤務する人もいます。製薬会社では自社製品がメインではあるものの、医療用医薬品について広く学ぶ機会があるからです。

あまり年齢が高くなってからだと難しいかもしれませんが、決して不可能な道ではありません。製薬会社での経験により、調剤薬局での医薬品の仕入れや価格交渉などで有利に働くこともあります。